FC2ブログ
タイトルにあるように、いろいろな生活に起こる日常や豆知識、ギャンブルに関することまで、好き勝手にブログにしてみます!
2012-03-21 (水) | 編集 |
今日のブログはダイエット一本!!

世の中に痩せたいって思っている人は何人いるだろう・・・?

で!実際に行動を起こしている人で成功者は???

イトウアキ流のダイエット

ダイエットを始めたら体重が増えて当たり前!

やせ始めたら簡単に目標に届くやり方!

体重計には毎日乗るが、増えても気にしない

食生活やサプリだけでやせられると思うな!

この4点で必ずって言っていいほど体重は痩せる!!

最後まで理解して読んで、実践できたらあなたはちょっと前進できると思いますよ!

ダイエットを始めたら体重が増える・・・。

やせ始めたら簡単に・・・。

この2点は共通の行為ですすみます!

やることは、筋トレです!

多くの女性は、筋肉はつけたくない・・・って思って筋トレを懸念しているようです!

でも・・・。つきませんよ

女性が簡単に筋肉をつけようって言うのが難しい!

だから筋トレはしても引き締まりはしても、ムキムキにはなりません!やって下さい!

これは、基礎代謝の向上により、普段運動をしていない時でも使うエネルギー量を向上させるため、同じ食生活でも太りにくい体づくりの基本です!

ありがちが筋トレですが、腹筋だけ・・・とか、二の腕だけ・・・とか、ほとんど効果ないですよね!

太りにくい体を作るところから始めないと、ダイエットにリバウンドはつきものです!

エネルギーを多く使うと言えば、大きな筋肉です!

胸・背中・太もも・お尻!この辺は体の中でもかなり大きな筋肉です!ここをやって下さい!

エネルギーを大きな筋肉は多く使いますから効果的なエネルギー消費を行うでしょう!

加えて、筋トレをした後に軽い有酸素運動を20分以上やるとより効果的です!


この作業で、1ヶ月ぐらいはかなり体重に増減が見られると思います!

増減・・・。

つまり増えることもあります!

体重計に乗っても気にしないで下さい!

体を動かしていなかったところから、急にエネルギーを体が欲しますから増えることも仕方がありません!

ただその段階では、筋肉はついていないので脂肪が増える可能性があるからです!

ここの段階を気にしていては先には進めませんので体重計は気にしないでください!

食事は夜の炭水化物の取り過ぎに注意してさえいれば、悪化はありませんから!


週に3~4日運動ができるのが理想的!

筋トレはきつめでも全然大丈夫ですからね!

1ヶ月程度経つと、筋肉が活動し始めると思って下さい!

ここから体重は減り始めます!

運動とあわせてヴァームがおススメですかね!

汗を大量にかくので、代謝が良くなること!脂肪の燃焼を助ける効果が見込めます!

一ヶ月頑張れると体重計にのるのは楽しくなり始めるころですかね!


バランスの良い食生活と定期的な運動によって、あなたの体は素敵な体へと変化していくのです!!

サプリに頼りがちですが、実際に飲むだけでやせましたか?

一時的に痩せたものが戻ってませんか?

一番早いのは、太りにくい体をつくり、エネルギーを使えばいいんです!

無理なマラソンで苦しい思いをするなら筋トレでちょっときつい運動をして下さい!

無理なマラソンより、軽いウォーキングの方が効果は高いですし、持続的にできることですから!

背中の筋肉・胸の筋肉・太もも・お尻

引き締めて損はありませんね!

やりましょう!

最初は有酸素運動前に刺激を与える程度でもいいんです!

なれたら無理してみては?


同時進行で食事に気を使えたら成果がでるのは早いもんです!

ただ、一ヶ月で結果を求めないこと!!

それだけが成功の秘訣なのかもしれません!


不明な点はコメントを頂ければ、ブログに更新するか返信しますね!

僕も毎日続けてます!

やってみよう!

動かないで、痩せたいって言ってるだけは妥協の塊です!

動き出そう!

最初の一歩はなかなか・・・わかりますけどキレイになるために!の一声で!

きっとかわりますよ!









人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 松戸情報へ
にほんブログ村
ランキングはこちらをクリック!

わずか15分で輝くような白い歯に!トライアルホワイトニング実施中!






動物とコミュニケーションしたい人だけお読みください!





メスを使わない「プチ整形」あなたも二重まぶたにしませんか?
スポンサーサイト



コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: